2017年09月01日

チャリティコンサートご報告&九州豪雨被災地の現状

先日告知しました8月27日@長野県信濃町のチャリティコンサートはお蔭様で好評のうちに終了いたしました。小さな教会堂がちょうど満席になる50人ものお客様にご来場いただき、経費を差し引いた10万円をヒューマンシールド神戸に寄附することができました。感謝。

170830_1418~02 (002).jpg

演奏の後にヒューマンシールド神戸代表・吉村誠司さんのお連れ合いのまきさんが、九州の現場についてお話しくださいましたが、今回の災害現場は今までにない過酷さだそうです。

1階の半分〜全部が埋もれた家々。
yoshimura201701.jpg

yoshimura201702.jpg

まずは建物にアプローチするため周辺の土砂を重機で撤去し、家の中の泥をある程度取り除いてから、今度は人海戦術で床下まできれいにしていきます。

yoshimura201808.jpg

yoshimura201705.jpg

ここまで来れば家主さんにもきっと笑顔と希望が戻ることでしょう。
ところが今回の災害現場の過酷なところは、最初の豪雨の後も何度も大雨が降り、洪水で土砂が堆積している川が繰り返し氾濫するのです。いったん作業を終了した現場がまた泥に埋まる。住民も救援者たちも徒労感に襲われ、気持ちを保つのが本当に難しいそうです。

yoshimura201707.jpg

yoshimura201706.jpg

7月初旬の災害発生からそろそろ2カ月経とうとしていますが、吉村さんが自宅に戻れたのはわずか数日。救援に関わるひとたちは、ここまで深刻な被害が何故ここまで報道されないのか、不思議がっているそうです。

そんななか全身泥だらけになりながら働く若きボランティアたちの笑顔! どんなに励みになることでしょうか。

yoshimura201703.jpg

写真中央が吉村さんです。
yoshimura201704.jpg

誰がいつ被災者になるかわからない時代。何かの時に真っ先に救助に駆けつけてくれる吉村さんのような人たちを私たちは本当に大事にしなければいけないと思います。彼らの活動を知って、支援していただければ嬉しいです。(写真は許可を得て吉村さんのfacebookより転載しました)

◆吉村さんのブログ「吉村誠司の地球日記」
https://williamseiji.wordpress.com/
◆吉村さんのfacebook
https://www.facebook.com/seiji.yoshimura.73

◆募金の送り先◆
郵便振替 00980−7−264796 ヒューマンシールド神戸
通信欄に九州北部豪雨被災地支援とご明記ください




posted by beata at 20:36| 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

台風18号の被災地支援 〜災害支援NGOのサポートをお願いします!

災害支援のエキスパートである友人・助さんこと吉村誠司さんが今回も洪水発生翌日から現地入りしています。現在は栃木県鹿沼市で活動中。先週末から3日間、横田基地から70人ものアメリカ兵がボランティアに来てくれたそうですが、まだまだ復旧には時間と人手が必要とのこと。もし災害支援の募金をお考えでしたら、ぜひ吉村さんの「ヒューマンシールド神戸」へお願いします。確実に被災地支援に使われます。あるいは吉村さんが3.11以来ずっと三陸の被災地支援をともにしている「一般社団法人 OPEN JAPAN」でもOK。「OPEN JAPAN」のメンバーは鹿沼市のほか宮城県大崎市周辺や茨城県常総市でも活動しているそうです。

【現状について】
◇吉村さんのブログ「吉村誠司の地球日記」
https://williamseiji.wordpress.com/
◇吉村さんのfacebook
https://www.facebook.com/seiji.yoshimura.73
◇OPEN JAPANのサイト
http://openjapan.net/

【募金の送り先】
◆ヒューマンシールド神戸
郵便振替 00980−7−264796 ヒューマンシールド神戸
◆OPEN JAPAN
郵便振替 02250−5−126661 一般社団法人 OPEN JAPAN
(他の金融機関から 店名 二二九(ニニキユウ)店 当座 0126661)

≪ベアータ通信≫の関連記事はこちら





posted by beata at 19:11| 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

竜巻被災地の支援 ヒューマンシールド神戸/OPEN JAPAN 【5/30附記】

20120508 朝日夕刊.jpg

震災以降、折に触れてご紹介している災害支援のエキスパート≪ヒューマンシールド神戸≫の吉村誠司さん(通称=助さん)。あの日から一年以上たった今も石巻を拠点に復興支援活動を続けています。そして今回の竜巻に際しても、翌日には重機と共に石巻からつくばへ移動、現地で支援活動を始めました。本当に誰がいつ被災者になるかわからない時代。何かの時に真っ先に救助に駆けつけてくれる吉村さんのような人たちを私たちは本当に大事にしなければいけないと思います。ぜひ彼らの活動を知って、支援してください!

◆ボランティア急募!
つくば市でのボランティア募集は終了しました。
何かしてみたい!という方は石巻へどうぞ。参加方法はこちら

◆活動を知ってください!
◇吉村誠司の地球日記  http://williamseiji.wordpress.com/
◇OPEN JAPAN のブログ  http://openjapan.net/blog
OPEN JAPAN(旧称=石巻ボランティア支援ベース絆)は吉村さんが共同代表を務めています
◇NHKニュースウェブ 吉村さん出てます! http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120508/k10014959131000.html

◆募金をお願いします!
◇郵便振替00980ー7ー264796 ヒューマンシールド神戸

ベアータ通信の関連記事はこちら
posted by beata at 17:59| 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

石巻にて活動中! ≪ヒューマンシールド神戸≫

110729_1452~0001.jpg
石巻で復興支援活動をしている≪ヒューマンシールド神戸≫の吉村誠司さんが取り上げられているというので『昭和40年男』というレアな雑誌を購入しました。昭和40年生まれの編集人が同年生まれの男たちのために作っている隔月刊(!)雑誌。昭和41年女としては微妙に共感しにくいんだけど、不適切なまでにターゲットを絞り込んでいるところに親近感を覚えたりして(笑)

…それはともかく、この雑誌の第8号で「俺たちの責務」と題した東日本大震災の小特集が組まれています。ひとつが「昭和40年男」吉村さんの記事(この雑誌、取材対象も同い年限定なんです)。そしてもうひとつが編集人自身による震災レポートです。4月と6月とまったく同じルートで被災地を廻り、同じ場所で撮影した写真をいくつか並べているのですが、2ヶ月経ってもなかなか片付けが進まない様子に愕然。復興への道のりの遠さに気が遠くなりました。こんな状態なのに自衛隊は撤収してしまったし、地元の人たちはどうしたらいいのでしょう?

そんななか、われらが吉村さんは、震災直後から活動を共にしてきた全国のグループや個人と共に≪石巻ボランティア支援ベース絆≫という団体を立ち上げました。今回の復興支援の規模の大きさと長期化を見据えてのこと。私たちのように特別なスキルを持たない一般ボランティアや物的支援の受け入れ窓口として、また吉村さんたちのように生活の大半を支援活動に捧げている人たちのベースキャンプとして、これから様々な活動を展開されることと思います。

ところで先月末、新潟〜福島で大洪水が発生しましたよね。その翌日には、やっぱり! 吉村さんの姿が新潟〜福島の被災地にありました。被害のひどい地域を順に廻って、支援の必要なところには、各自治体と協力しながら次々とボランティアセンターを立ち上げていく。あっという間に、助けを必要とする人たちとボランティアを結びつけるシステムが整い、地元や近隣の有志に加え、石巻の≪絆≫チームからも、津波の後片付けで活躍した泥出し道具や重機を携え、多くのボランティアが駆けつけました。

実を言うと、最初に≪絆≫を立ち上げたと聞いた時、(阪神淡路大震災後、夫婦で神戸に移り住み、そこで10年に渡って支援活動を続けた吉村さんのこと)、吉村さんはもう石巻の人になっちゃったような気がしたりしてたんですけど、そういうことではないんですね〜 災害支援のエキスパートとして災害が起こればどこへでも行く。この人は何かあれば助けに来てくれるんです!

これから10数年にわたって大きな地震が続くというし、ゲリラ豪雨や竜巻など自然は激しさを増しています。誰もが次の被災者になるかもしれない。政府や大きな組織が当てにならない日本にあって、吉村さんのような活動をする人たちは本当に貴重な存在です。遠くの誰かのため、ではなく、明日の自分のために、彼らを支援し大切にしなくてはいけない、と切に思う今日この頃です。

◆活動を知ってください!
◇吉村誠司の地球日記 http://williamseiji.wordpress.com/
◇石巻ボランティア支援ベース絆 http://ishinomakizuna.net/

◆募金をお願いします!
◇郵便振替00980ー7ー264796 ヒューマンシールド神戸
通信欄に「大震災の支援活動」とご明記ください。メッセージもぜひ

ベアータ通信の関連記事はこちら
posted by beata at 14:14| 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

ヒューマンシールド神戸 〜災害支援NGOのサポートをお願いします!

20110326100721.jpg私も最近になって知ったのですが、赤十字などの「義捐金」は今すぐ被災地に届くものではないそうです。「義捐金」はすべての被災者に公平・平等に分配することを趣旨としているため、実際に被災者の手に届くのは被害の全容が明らかにされてから。神戸の震災でも半年以上後だったので、今回はもっと時間がかかるかもしれません。もちろん「義捐金」は意義深いことだし、特に外国への支援の場合には有効な方法だと思います。けれど、今そこで援助を必要としている人たちに対して、どうしたらいいのか… 私たちの思いを今すぐ確実に現地に届ける窓口のひとつとして、「ヒューマンシールド神戸」というNGOを紹介したいと思います。

「ヒューマンシールド神戸」代表の吉村誠司さんは災害支援のエキスパートで、以前≪ベアータ通信≫にご紹介したアロマテラピスト、松浦まきさんの夫君です。阪神淡路大震災でのボランティア活動をきっかけに、2人は神戸に移り住み、その後10年(!)にわたって息の長い復興支援を続けました(吉村さんのこれまでの活動についてはこちら)。今年1月17日のまきさんのブログにも当時の思い出が綴られていますが、徹底して被災者に寄り添う姿勢にはまったく頭がさがります。

そして今回も。吉村さんは3月11日のうちに現地入り(初動速い!)。石巻を拠点に、行政や自衛隊、各地から集まっている支援団体や現地ボランティアと連携しながら、支援活動をしています。今まで様々な現場を見てきた吉村さんにとっても、今回の震災はあまりに規模が大きく、衝撃の連続のようです。ぜひ毎日のレポートを読んでください。そしてもしお志があれば、以下の郵便口座に募金をお願いいたします。

郵便振替 00980−7−264796 「ヒューマンシールド神戸」
通信欄に「大震災の支援活動」とご明記ください メッセージもぜひ。






※ 写真は吉村さんのブログより拝借しました。支援物資とともに届いた絵本をにぎりしめる女の子!
posted by beata at 16:04| 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする