2011年07月26日

ご近所の名店C 03 deli

110722_1926~0001.jpg110622_1938~0003.jpg
「ご近所の名店」シリーズ、久しぶりにご紹介するのは、地蔵通り商店街の向こう端にできた《03 deli/ゼロサン・デリ》です。ウィンドウには日替わりで玄米のおにぎりと6〜8種類の野菜のおかずが並んでいて、持ち帰りもできるし、店内で食べる場合には、さっと火を入れたり、ちょうどよい加減で盛り付けてくれます。お肉やお魚を使わなくてもちゃんとコクも栄養もある元気な料理! ヴェジタリアンのお店ってなんだか「正しさ」が全面に出てるところが多いけど、このお店はゆったりゆとりがあって、楽しい感じなんですよねー♪

店内はカウンター6席のみ。江戸川橋では珍しく可愛らしい外観で、若い女性客が多そうだけど、どうしてどうして。別名《オッサン・デリ》(笑)と言われるほど、男性ファンにも支持されてるみたい。単身赴任の男性が奥さんに「夕食はここで食べるのよ」と言われて通ってたり… いろんな層のお客さんを自然に受けいれる店主さんの人柄ですね〜 丁寧に淹れた豆乳チャイやルイボスティーなど、飲み物だけでも気軽に立ち寄れます。

ランチ 800円(デザート付き) お昼はテイクアウトもランチのみ。
野菜のおかずは16時以降。玄米&デリ3種 870円。写真は禁断の全部のっけ 1000円程度(品数により)。奥から時計周りに、〈ほうれん草とトウモロコシの白和え〉〈白いんげん豆とタマネギのカレー煮〉〈車麩のからあげ〉〈かぼちゃと黒豆のサラダ〉〈黒酢はるさめサラダ〉〈有明のりの卯の花〉、左奥に玄米おにぎり。ビールはハートランド 380円。オーガニックワインなど。

03 deli(ゼロサン デリ) 03-3235-5088 土日祝日定休 11:00〜14:00/16:00〜21:00
posted by beata at 14:38| ご近所の名店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

ご近所の名店B Yves Terrace イブテラス

090929_1319~0002.jpgグラフィック1010002.jpg
「ご近所の名店」シリーズ第3弾は、ロティスリーチキン(丸ままの鶏をぐるぐる廻しながら焼きあげるアレです!)で有名なイブテラスです。名前のとおりテラス席がメインですが、壁はあって屋根だけ開くスタイル。天気がいい日はちょっと物足りない気もするけど、おかげで冬も凍えずにすみます。

店主のイブは西アフリカ・トーゴの出身。フランスとベルギーで修行をした後、駐日ベルギー大使館やオテルドゥミクニの厨房を経て独立したそうです。今は主にサービスの方に回っていますが、厨房に日本人はいないので、全然日本的な味がしないのがスゴイ! お手頃価格でクスクスやアンティチョーク、ビーツ、カエル、ウサギなど、日本ではなかなかお目にかからない食材を使ったフランスの日常的な味と香りを楽しむことが出来ます。ビールやワインも色々揃っているけれど値段設定はやや高めかな。

最近はお昼の営業も始まって、ロティスリーチキンやローストポークの載ったワンプレートランチやバゲットサンド(写真左900円)など気軽なメニューが色々あります。羊好きにはラムの辛いピーナッツクリームソース(写真右)がオススメ(990円)。うまいっす。
場所は神楽坂駅2番出口からベアータ方面に1分、セブンイレブンの隣。

Yves Terrace(イブ・テラス) 03-5206-5178 日曜定休 11:30〜14:00、17:30〜23:00

posted by beata at 10:23| ご近所の名店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

ご近所の名店A artdish 【2012/12/7附記】

101117_1337~0002.jpg101117_1357~0002.jpg
ついつい「遠いけど名店」シリーズを始めてしまったので、慌てて(慌てたわりに遅いですが…)「ご近所」シリーズを再開します〜

最近なにかの時に出掛けるのは神楽坂のギャラリーカフェ artdish(アーディッシュ)。ギャラリーカフェと侮るなかれ、契約農家から取り寄せた有機野菜を活かした、しっかりした料理を出してくれます。夜のおまかせコース3000円(前菜+パスタ+リゾット+メイン)は、味といい、ヴォリュームといい、この辺りのレストランなら倍はしそうな満足度。酢、油など基本の調味料によいものを選び、それをシンプルに使って調理するから、素材そのものの味を堪能できるんですよね〜♪ 
2歳から82歳まで親族が集まった時もこのお店。82歳はもちろん、2歳、5歳、10歳の味にうるさいお嬢さんたちがきっちり食べてくれたのは驚きでした!

椅子の座り心地がいまいちだったり、BGMがうるさかったり(選曲はよい。なぜかいつもマンボ♪)、時どき食欲の失せるような作品が展示してあったり(汗)、ギャラリーカフェなりの難点はありますが、それで安くなるならありがたいこと。シェフとギャルソン、いい感じでやってます! 
写真左はランチの「季節野菜のリゾットグラナパダーノ風味 サラダ付き」(1000円)。右はガトーショコラ+セージ茶(1050円)。神楽坂駅1番出口を出て、右ななめ前方。ニッポンレンタカーの手前。

artdish (アーディッシュ) 03-3269-7289 月曜定休 12:00〜22:00 現在、レストランは営業していません。残念。
posted by beata at 12:25| ご近所の名店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

ご近所の名店@ 近江屋精肉店

091001_1333~0002.jpg091008_1300~0001.jpg
オープンまでの準備期間を入れると、江戸川橋に毎日通うようになって1年半がたちました。だんだんこの辺りの様子が分かってきたので、ベアータにいらしたついでに寄って楽しい、食べて美味しいステキなお店をこれから少しずつ紹介していきたいと思います。題して「ご近所の名店」シリーズ。栄えある第1弾は〈近江屋精肉店〉です! …? いきなり肉屋ってどうなの? って思われちゃいますかね、やっぱり…。でも間違いなくいちばん通っているお店はここなんですもの。感謝を込めての大抜擢です。
近江屋のウリは美味しいお肉と日替わりのお惣菜。奥さんが渋い顔をするほど肉にこだわるご主人は、鮮度が命のひき肉など絶対に作りおきをしません。お昼の生姜焼き弁当だって、注文を受けてから肉をスライスする徹底ぶり。美味しくないわけないですよね。
そして、毎日20数種が並ぶお惣菜は愛情たっぷり家庭の味。うちの味とは違うけど、友だちのお母さんの料理という感じで、毎日食べても飽きが来ません。
ちなみに私のお気に入りは、お昼の混雑のピークが過ぎた13時ごろから注文できる「詰め合わせ」。お惣菜を自由な組み合わせでお弁当に詰めてくれる嬉しいシステムです。ごはんの量も選べて写真のお弁当で680円(牛肉・根菜・ちくわぶの旨ま煮、カキフライ、卯の花、揚げ茄子、いろいろ野菜のサラダ)。
蛇足ながら近江屋には私の大好きな<ポメリー>のマスタードが置いてあります。すばらしく美味しいのだけれど、赤い蝋で封緘された陶器のビンを開けるのが大変で敬遠されがち。近江屋ではそんな人のためのフタ開けサービスや、量り売りもしているんだそうです。エライ! ま、私は自分で開けますけどねー 
場所は地蔵通り商店街のパパスの隣。練習で帰りが遅くなる日は、ぜひ近江屋に寄ってみてください! 火曜定休 9:00〜20:00 tel.03-3269-2938
posted by beata at 11:49| ご近所の名店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする