2017年04月22日

5月27日 早島万紀子オルガンリサイタル @松本市音楽文化ホール

hayashima.jpg

松本市音楽文化ホールのオルガン設置30周年記念で早島万紀子さんのリサイタルが開催されます。プログラムは、フランス古典と近現代――クープラン、フランク、デュリュフレ――に、バッハと柿沼唯さんの新作を加えたもの。チラシに「日本が世界に誇るオルガニスト」とありますが、まさにその通りで、早島さんの、特にフランスものの演奏は是非とも聴いておきたいものです。ちょっと遠いですが、わざわざ行く価値あり。5月末のいい季節、一泊旅行でいかがでしょうか?

早島万紀子オルガンリサイタル
5月27日(土)14時開演 松本市音楽文化ホール


◇プログラム◇
F. クープラン(1668-1733):「教区のためのミサ」より
J. S. バッハ(1685-1750):「いと高きところには神にのみ栄光あれ」BWV 662
フランク(1822-1890):「3つのコラール」より 第1番 ホ長調
柿沼 唯(1961- ):【新作初演】
デュリュフレ(1902-1986):「前奏曲、アダージョと『来たれ、創造主なる聖霊』の主題によるコラール変奏曲」

全席自由 一般 2,000円/大学生以下 1,000円

問合せ:松本市音楽文化ホール 0263-47-2004





posted by beata at 15:59| コンサートのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする