2017年03月31日

≪羊とヤギ≫のCD「O Terra(大地よ!)」と4月2日のインストアライヴ&サイン会 @渋谷タワーレコード

pecoraecapraCD.jpg

遅ればせながら、年末にリリースされた富田牧子(チェロ)とコスマス・カピッツァ(パーカッション)のデュオ≪羊とヤギ≫のCD「O Terra(大地よ!)」をご紹介します。これは、中世ドイツの修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの音楽と思想に触発され企画されたシリーズCD(全4巻)の第1弾で、「土、大地」をテーマに、ヒルデガルトの音楽のほか、ハンガリーとその周辺の民俗音楽と、それを取集・研究し、高度な芸術にまで昇華した現代ハンガリーの作曲家バルトーク、コダーイ、リゲティの作品、そしてパーカッションの即興演奏を収録しています。

中世の音楽をセッションすることから始まった≪羊とヤギ≫は、そのなかで12世紀ドイツの修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲンと出逢いました。霊感に富み、医術に長け、神学・哲学書を著し、賛歌を作詞作曲した当代きっての賢女であった彼女の活動の基盤には、四大元素[土、水、空気(風)、火]が万物を構成し互いに関連して作用する、という古代から伝わる考え方にあったそうです。今回のCDは四大元素のひとつ「土」から「大地」をテーマにしています(今後、「水」「空気」「火」をテーマに制作予定)。

パーカッションのコスマス・カピッツァはドイツと日本を行き来しつつ育ったそうです。10代半ば、学校のオーケストラでヴィオラを弾いていた頃にコンガドラムと出逢い、ミュンヘンのパーカッションスクールに入学。その後、日本へ移住し、主にポピュラー音楽の分野で活動してきました。「オルケスタ・デ・ラ・ルス」のワールドツアーに2年間参加したほか、「葉加瀬太郎」「アガルタ」「熱帯JAZZ楽団」「Mamadou Doumbia & Mandinka」「bird」「minga」「長谷川きよし」「UA」など多くのアーティストとライブ/レコーディングを行っています。
彼の自然体の演奏は生きたリズムそのもの。まるで森の中で聞こえてくる様々な音――川のせせらぎや木々のざわめき、鳥の鳴き声や動物の物音、あるいは雨雪や雷鳴――のように、その瞬間瞬間に新しく、独自なものでありながら、自然の摂理にかなっています。ニュアンスに富んだ超弱音から全身のエネルギーを一度に解き放ったような大音量(しかし決して耳にはうるさくないのです!)まで、レンジが広く緩急自在、よいバイブレーションに満ちていて、快い。CDに収められたパーカッション・ソロの即興演奏ではこうしたコスマスの魅力を存分に味わうことができます。

一方、クラシック畑で教育を受け、活動してきた富田牧子の、コスマスに引けを取らないリズム感の良さにも驚かされます。クラシックプレイヤーは往々にして楽譜の忠実な(機械的な)再現に留まりがちだけれど、彼女は民俗音楽が楽譜に落とし込められる以前の、より複雑なリズム、より根源的な音楽のエッセンスを生き生きと甦らせます。
そして、チェロ独奏曲として難曲中の難曲とされるコダーイの「チェロソナタ」やリゲティの作品も、彼女が演奏する時には民俗音楽と直接的につながり、そこには「難解さ」などではなく、彼らの民俗音楽に対する深い敬意と愛情が立ち昇るのです。民謡が芸術へと洗練され、どれほど高度な技術を要求されても、富田牧子は素足でしっかりと大地を踏みしめ、その温かみや冷たさを感じながら演奏しているかのようです。

CD「O Terra(大地よ!)」は現在、全国のレコード店やインターネットショップ(ヨドバシアマゾンなど)で好評発売中。ベアータでも定価2800円のところ直販割引2500円にてお買い求めいただけます。練習にいらした時にどうぞ。また、ご希望の方には郵送もいたします(別途、送料実費がかかります/カード決済はできません)。

そして、明後日4月2日(日)15時から渋谷タワーレコード7階イベントスペースにて≪羊とヤギ≫のインストアライヴ&サイン会が開催されます。お店なのであまり落ち着かないかもしれませんが、入場無料ですし、≪羊とヤギ≫ってどんなんかな、と気になっている方にはちょうどいい機会かと思います。その後、5月から各地へのライヴツアーが始まります。それについてはまた改めてご案内いたしますね。土臭さと洗練の極みが共存する≪羊とヤギ≫、その森林浴のような快さをぜひ体感してください!





posted by beata at 22:10| コンサートのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

大村千秋さんのチェンバロ講座

チェンバロ.jpg

ご好評いただいている大村千秋さんのチェンバロ講座で新規受講生を募集します。初めてチェンバロに触れる方から経験者まで、チェンバロに興味のある方ならどなたでも歓迎です。
この講座では、通常のレッスンのほか年に一度(2月頃)、密かに受講生+α の小さな音楽会をしています。チェンバロは音楽が「舞台芸術」になる以前の楽器。コンサートホールでの発表会ではなく、ソロありアンサンブルありのサロンコンサートで、お互いの音楽を聴き合い、共に楽しむ機会を大切にしています。

BEATAチェンバロ講座  講師:大村千秋
初めてチェンバロに触れる方から経験者まで、チェンバロに興味のある方ならどなたでも受講していただけます。ピアノやオルガンとは違う楽器の特性や当時のフレージングなどを学び、チェンバロ独自の表現世界にアプローチしていきます。ご希望に応じて通奏低音のレッスンも可能です。
レッスンでは特に、チェンバロの弦をはじく感覚=指先のタッチ、そして響きを聴く耳を開くことを大事にしたいと考えています。そのため、最初のレッスンにはあまり複雑でない曲、例えば、J. S. バッハの≪アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳≫や≪インヴェンション≫、あるいは、F. クープランの《クラヴサン奏法》などをお持ちになることをおすすめします。

日程:土曜日 10〜17時 (平日のレッスンも対応可/ご相談ください)
場所:BEATA(ベアータ)オルガン練習室 (有楽町線江戸川橋駅5分/東西線神楽坂駅8分)
料金:8,500円/50分 (スタジオ使用料込み)

◆お申し込み
1)お名前 2)電話番号(携帯) 3)メールアドレス 4)音楽歴 をメールまたはFAXでお送りください。折り返しレッスン時間の空き状況をお知らせします。

※講師プロフィール
大村千秋(おおむらちあき
お茶の水女子大学大学院(ピアノ科)を経て東京藝術大学大学院古楽科チェンバロ専攻修了。藝大修了時にアカンサス音楽賞を受賞。2009年度文化庁新進芸術家海外研修員としてオランダに留学、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびフォルテピアノ科にて学ぶ。第21回古楽コンクール山梨において最高位受賞。これまでに志村直子、崎川晶子、大塚直哉、ボブ・ファン・アスペレン、リチャード・エガーの諸氏に師事。
2011年に帰国後は、チェンバロのみならず、フォルテピアノ、クラヴィコード、ポジティフオルガン等様々な鍵盤楽器に取り組み、ソリストとして、また通奏低音・アンサンブル奏者として国内外で演奏を行うほか、CD録音や音楽祭、レクチャーコンサートなど多方面で精力的に活動を行っている。古楽アンサンブルAffetti mvsicaliメンバー。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。https://chiakiomura.wordpress.com




posted by beata at 00:23| 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

4月開講 藤原一弘さんの「オルガン音楽の歴史(4)ルネサンスから初期バロック」

ご案内が遅くなりました。今年も音楽学者・藤原一弘さんのオルガン音楽に関する講座が開講されます。昨年度に引き続き「ルネサンスから初期バロック」の音楽、特にスウェーリンク、フレスコバルディ、フローベルガーとその近辺を取り上げるそうです。
毎回オリジナリティ溢れる洞察で、音楽作品の本質的な意味と魅力について、いきいきとした感動を込めて語られる藤原さん。初心者から専門家まで、オルガニストだけでなく、音楽を学ぶすべての方におすすめしたい講座です。

ユビラーテ奏楽者の会 公開講座
バッハ以前のオルガン音楽の歴史(4): ルネサンスから初期バロック 講師:藤原一弘


【講義内容】今年度は、17世紀前半のスペイン・ポルトガル、オランダ、イタリア、ドイツのオルガン音楽を扱います。まず、昨年度から続くイベリア半島のオルガン音楽から始めて、オランダのアムステルダムで活躍し、とりわけ北ドイツ出身の数多くの弟子たちを育てた巨匠スヴェーリンクの見事なファンタジアの数々とコラールに基づく変奏曲へと進みます。そして初期バロックの天才フレスコバルディの弟子たちのオルガン音楽、その中でも傑出したドイツの作曲家フローベルガーのトッカータを初めとする多彩な鍵盤音楽を時間を掛けて学びましょう。個性溢れる彼らの素晴らしいオルガン音楽を通じて、17世紀前半の鍵盤楽器ならではの表現法、各国ごとの特徴あるオルガン音楽の魅力に触れて頂ければ幸いです。

【講師紹介】1987〜91年、立教大学大学院にて皆川達夫教授のもと、91〜98年、テュービンゲン大学でU.ジーゲレ教授のもと音楽学を学ぶ。91〜93年、DAADドイツ学術交流会奨学生。91年、17世紀のオルガニスト・音楽理論家A.ヴェルクマイスターに関する研究によって第4回辻荘一賞受賞。神学修士。青山学院大学、北海道大学、洗足学園音楽大学講師。古楽アンサンブル Affetti mvsicali 指揮者。

【土曜クラス】 毎月第2土曜日 14:00〜16:00 @日本基督教団 信濃町教会(JR総武線信濃町駅5分)
4/8, 5/13, 6/10, 7/8, 9/9, 10/14, 11/11, 1/13, 2/10(8月、12月、3月は休み 全9回) 

【火曜クラス】 毎月第4火曜日 12:30〜14:30 @日本聖書神学校202教室(JR山手線目白駅10分)
4/25, 5/23, 6/27, 7/25, 9/26, 10/24、11/28, 1/23, 2/27(8月、12月、3月休み 全9回)

受講料:全9回 18,000円(前納)/1回参加 2,500円

◆ベアータの講座ではありませんが、資料をお預かりしています。
ご希望の方はベアータまで 03−6317−8916 beata@ab.auone-net.jp 
郵便かFAXでお送りしますので、住所かFAX番号をお知らせください





posted by beata at 19:58| 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

4月1日 富田牧子: 無伴奏チェロの愉しみ 〜ガット弦で弾く J.S.バッハ、コダーイ、クルターク @関内 BELUGA(ベルーガ)オルガン練習室

横浜・関内にオープンした姉妹スタジオ≪BELUGA(ベルーガ)オルガン練習室≫。小さいながら響きがよく、より親密に音楽を愉しめるこの場所のために、チェロの富田牧子さんが企画したのは、バッハと、20世紀に活躍したハンガリーの作曲家、コダーイ(1882-1967)とクルターク(1926- )の無伴奏作品を演奏する3回シリーズのコンサートです。

バッハの無伴奏チェロ組曲をご存じない方はいないと思いますが、コダーイの無伴奏チェロソナタも、チェロを学ぶ人なら誰もが憧れ、あるいは敬遠する難曲中の難曲として知られています。なので一般には「難曲に挑戦(あるいは制覇)する」という意味合いの演奏が多いのですが、例えばメシアンのオルガン曲などと同様、そういうアプローチだとどうしてもよそよそしい、本質から外れた演奏になりがちです。
富田さんはハンガリーに留学していたこともあって、ハンガリー音楽に造詣が深く、コダーイの音楽が形成された文脈を魂の深いレベルで理解しているのでしょう。彼女が演奏するとき、コダーイの難曲は民俗音楽と直接的につながり、そこには「難解さ」などではなく、コダーイの民俗音楽への深い敬意と愛情が立ち昇るのです。

昨年末にコスマス・カピッツァ氏(パーカッション)とのデュオ≪羊とヤギ≫でCD「O Terra(大地よ!)」をリリースし、乗りに乗っている富田さんの演奏をぜひ聴きにいらしてください。

BELUGAコンサートシリーズ 第3回
富田牧子 無伴奏チェロの愉しみ ガット弦で弾くJ.S.バッハ、コダーイ、クルターク 1
4月1日(土)@14時/A18時開演
(開場15分前)2回公演
BELUGA(ベルーガ)オルガン練習室


―曲目―
J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV 1008
Z. コダーイ:無伴奏チェロソナタ 作品8より第1楽章
G. クルターク :「しるし、遊び、伝言」より作品5b I,II,III ほか

限定20席・要予約
一般4,000円/ペア7,500円(茶菓付き)
お申込みは belugaorgan@mbr.nifty.com まで

ご本人による記事はこちら

※富田牧子プロフィール
東京芸術大学在学中にリサイタルを行い、演奏活動を始める。フランス、イタリア、オーストリア、ドイツの音楽祭や講習会、またニューヨークでH.シャピロ氏の指導を仰ぐなど、ソロと室内楽の研鑽を積む。大学院修士課程修了後、2000年から2年間ハンガリーに留学、バルトーク弦楽四重奏団のチェロ奏者L.メズー氏に師事。NHK-FM「名曲リサイタル」、ORF(オーストリア放送)の公開録音に出演。ソロリサイタルのほか、弦楽四重奏団《クァルテット・アルモニコ》メンバーとしての活動を行う(〜2012年)。その後、ピリオド奏法への関心を深め、バロックと現代のスタイルの楽器にガット(羊腸)弦を張り、様式の異なる弓を使い分けながら、様々な楽器との組み合わせによる「充実した内容の音楽を間近で味わうコンサート」の企画・演奏を続けている。2台のチェロを持ち替えながら、J. S.バッハと近現代の無伴奏作品を組み合わせて演奏するサンドイッチコンサートを好評継続中。昨年12月、コスマス・カピッツァ(パーカッション)とのデュオ≪羊とヤギ≫でCD「O Terra(大地よ!)」をリリース。本年は≪羊とヤギ≫で全国ライヴツアーを行う予定。http://tomitamakiko.seesaa.net/




posted by beata at 14:49| コンサートのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

【再掲】 3.11 震災6年 ミホプロジェクト祈りのコンサート「ひまわりの丘」 @目白 日本聖書神学校



東日本大震災から6年の節目となる3月11日に、日本聖書神学校のチャペルをお借りしてミホプロジェクトの祈りのコンサートを開催します。ミホプロジェクトは、2012年から続けている福島の子どもたちのためのチャリティコンサートプロジェクトで、これで15回目となります。

このコンサートの中心に据えられる信木美穂さんの絵と詩は、震災直後から避難者の支援に奔走してきた美穂さんが、福島の子どもたちと過ごすうちに、幼い彼らの親にも言えない本音や、大人の嘘を見つめる真っ直ぐな心に触れ、やむにやまれぬ思いに駆られて編んだ詩画集『ひまわりの丘』に収められているものです。

コンサートでは、絵をスクリーンに映しつつ、美穂さん自身がその絵に呼応する詩を朗読。朗読に応える形で、富田牧子さん(チェロ)、原田靖子さん(オルガン)、私(歌)の3人で、様々なスタイルの音楽を演奏していきます。特に歌については古今の宗教作品から歌詞を吟味して数曲を選び抜きました。なまなましい福島の「いま」のことばと、それを映すように、寄り添うように進められる聖書の民の物語。既成の楽曲ばかりとはいえ、音楽と詩を織り合わせた現代のオラトリオとも言うべき、新しいひとつの作品になっています。

この6年、福島では、避難した人と留まった人、移住した人、戻った人、避難生活を続ける人...それぞれが様々な事情に引き裂かれながら、苦渋の選択を強いられてきました。汚染の実態は明らかにされず、事故の収束を見ぬまま再稼働が始まり、避難者たちを福島へ帰そうとする政策が押し進められるなかで、『ひまわりの丘』に書きとめられた子どもたちの不安と疑念は、ますます声なき声となり、かき消されようとしています。

今回は、震災当時、福島の須賀川教会にいらした今野善郎(現・川崎境町教会)牧師に短いメッセージをいただき、14時46分に黙祷をしてから、60分ほど演奏する予定です。初めての方にはもちろん、すでに一度ご来聴くださった方にもまた足をお運びいただき、あの事故によって起きたことを今一度心に刻みつつ、ひととき、祈りを共にすることできれば幸いです。

東日本大震災6年 ミホプロジェクト・チャリティコンサート
ひまわりの丘 〜福島の子どもたちとともに★祈りのコンサート〜

2017年3月11日(土)14:30開演(開演15分前)
 
[今野善郎牧師のメッセージ/14時46分の黙祷/60分のコンサート]
日本聖書神学校 礼拝堂 〒161-0033 新宿区下落合3-14-16
JR目白駅から徒歩8分。改札を出て目白通りを左へ、ピーコックの角を左折、左手

◇出演◇ 
信木美穂(画/詩/朗読)
木田いずみ(歌) 
富田牧子(チェロ) 
原田靖子(オルガン)

◇曲目◇
メンデルスゾーン(1809-1847):エルサレムよ!(オラトリオ『聖パウロ』より)
J.S.バッハ(1685-1750):サラバンド(無伴奏チェロ組曲 第6番より)
フォーレ(1845-1924):アンダンテ(ロマンス)
マウエルスベルガー(1889-1971):なにゆえこの都はかくも荒れ果て 他

全自由席 一般3000円/18歳以下1000円(未就学児入場可。母子室はありません)
※このコンサートの収益は《きらきら星ネット》を通じて、福島の子どもたちのために使われます。

主催:ミホプロジェクト 協力:日本聖書神学校

◆予約/問合せ BEATA(ベアータ) 03(6317)8916 beata@ab.auone-net.jp





posted by beata at 16:39| コンサートのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする