2016年11月30日

12月25日 大村千秋クラヴィコード&チェンバロコンサート @横浜・関内BELUGAオルガン練習室

20161225 chiaki beluga.jpg

横浜・関内にオープンした姉妹スタジオ≪BELUGA(ベルーガ)オルガン練習室≫でもコンサートシリーズが始まります! 第1回はやっぱりこの人、大村千秋さん。楽器はクラヴィコードとチェンバロを使います。クラヴィコードは本当に音量の小さな楽器ですが、表現力がとっても豊か。ベルーガの響きのよさと併せて楽しんでいただけることと思います。

BELUGAコンサートシリーズ 第1回
大村千秋クラヴィコード&チェンバロコンサート
12月25日(日)15時開演
(開場15分前) BELUGA(ベルーガ)オルガン練習室

曲目
J. P. スウェーリンク(1562-1621):「われらにみどり児は生まれたまいぬ」
G. フレスコバルディ(1583-1643): リチェルカーレ 9番
G. ベーム(1661-1773):「大いに喜べ おお わが魂よ」
J. S. バッハ(1685-1750): 前奏曲とフーガ(エルゼリウスの主題による)変ロ長調 ほか

限定20席・要予約
一般4,000円/ペア7,500円(茶菓付き)
お申込みは belugaorgan@mbr.nifty.com まで

※大村千秋プロフィール
お茶の水女子大学大学院(ピアノ科)を経て東京藝術大学大学院古楽科チェンバロ専攻修了。藝大修了時にアカンサス音楽賞を受賞。2009年度文化庁新進芸術家海外研修員としてオランダに留学、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびフォルテピアノ科にて学ぶ。第21回古楽コンクール山梨において最高位受賞。これまでに志村直子、崎川晶子、大塚直哉、ボブ・ファン・アスペレン、リチャード・エガーの諸氏に師事。
2011年に帰国後は、チェンバロのみならず、フォルテピアノ、クラヴィコード、ポジティフオルガン等様々な鍵盤楽器に取り組み、ソリストとして、また通奏低音・アンサンブル奏者として国内外で演奏を行うほか、CD録音や音楽祭、レクチャーコンサートなど多方面で精力的に活動を行っている。古楽アンサンブルAffetti mvsicaliメンバー。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。






posted by beata at 17:22| コンサートのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

年末年始の営業について

例年通り、年末年始もなるべく練習室をお使いいただけるように考えています。12月23日(金)〜1月5日(木)の10〜19時に合計7時間以上ご利用の方限定です。ご希望の練習時間をお書き添えのうえ、メールにてお申込みください。使用料は通常通りです。なお、ベアータのご利用が初めての方は対象外とさせていただきます。あしからずご了承くださいませ。





posted by beata at 17:09| 営業案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

【予告】 来年1月から≪BELUGAオルガン練習室≫でオルガン入門講座が始まります!

beluga kuma.jpg

ちょっとフライングですが、横浜・関内にオープンした姉妹スタジオ≪BELUGA(ベルーガ)オルガン練習室≫で、1月からオルガン入門講座を始めることになったのでお知らせします。
講師は田宮亮さん! まだ学生ですが、音楽性も優れているし、音がとても美しい。アンジェラ・ヒューイットが「速く弾いたり大きな音を出せる人はたくさんいるけれど、美しい音を出せる人はそうそういません」と言っていましたが、まさにそういうことです。
近日中に募集の詳細が公開されるはずですので、興味のある方、ぜひ心積もりをしながらベルーガのウェブサイトやfacebookをチェックしていてくださいね。

Website: https://belugaorgan.wordpress.com/
facebook: https://www.facebook.com/belugaorgan/





posted by beata at 15:41| 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

蘆野ゆり子さんのカリグラフィ

161112_1601~01.jpg

音楽をテーマにしたカリグラフィで、ドイツを中心に高い評価を受けている蘆野ゆり子さん。今年も彼女の作品によるカードとカレンダーをベアータにお預かりしました。J.S.バッハの『クリスマス・オラトリオ』やヘンデルの『メサイア』のテキストのほか、来年が宗教改革500年ということでルターのコラールを用いた作品など、クリスマスのご挨拶にお使いいただくのにぴったりです。練習にいらした際にぜひお求めください。

なお、今年は湯島での作品展はお休みで、代わりに中野の≪Space 415≫で展示をされています。可愛らしい小さな作品から、バッハ『マタイ受難曲』の全曲を1枚に収めた大作まで、たくさんあって見応えたっぷり。≪Space 415≫はご存知の通り、チェンバロを2台備えた古楽の練習室ですので、練習中は入れません。メールでご予約のうえご訪問ください!

蘆野ゆり子作品展Space 415 訪問可能日
11/14(月)、15(火)、18(木)、19(金)、22(火)、25(金)、29(火)、12/1(木)、2(金)、6(水)
お申込みはyurikoashino@yahoo.co.jpまで





posted by beata at 19:34| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

12月17日 ≪羊とヤギ≫ 初CD発売記念コンサート "O Terra" @同仁キリスト教会

pecoraecapra2016.jpg

≪羊とヤギ≫は富田牧子(チェロ)とコスマス・カピッツァ(パーカッション)のデュオ。この数年ライヴを重ねてきた2人が、満を持してCDをリリース、12月17日に発売記念のコンサートを同仁キリスト教会で開きます。数日前にマスタリング作業中の録音を聴きましたが、木々がしっかりと根を張った大地に立ち、広がる青空を見上げるような清々しさ! 通勤やドライブのお供なんかにもいいんじゃないかな。コンサートにいらしてくださった方には、当日会場で特別割引価格にてCDをお求めいただけるそうです。ぜひご来場ください!

≪羊とヤギ≫ 初CD発売記念コンサート
富田牧子(チェロ)×コスマス・カピッツァ(パーカッション)
"O Terra"(大地よ!)

2016年12月17日(土)16:30 @同仁キリスト教会


【プログラム】
B.バルトークの作品
ブルガリアンダンス
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調
コダーイの無伴奏チェロソナタより
ほか

【道順】
東京メトロ有楽町線「護国寺」駅6番出口より6分(行きは急な上り坂です! バスがおすすめ)
目白駅より都バス白61系統「新宿駅西口」行き「目白台三丁目」3分 
江戸川橋駅より都バス白61系統「練馬車庫」行き「目白台三丁目」3分

全席自由
一般4000円/高校・大学生2000円/小中学生1000円

お申込み beata@ab.auone-net.jp まで

詳細はこちら→http://tomitamakiko.seesaa.net/article/441673820.html





posted by beata at 20:10| コンサートのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

大村千秋チェンバロクラス @横浜・関内BELUGAオルガン練習室

大村千秋さんのチェンバロクラスが横浜・関内のBELUGA(ベルーガ)オルガン練習室でも開講されることになりました。1月の開講に先立ち今月下旬に体験レッスンを行います。この機会にぜひご参加ください。

BELUGAオルガン練習室
2017年1月開講 チェンバロクラス受講者募集

場所:Beluga(ベルーガ)オルガン練習室 (JR関内駅より徒歩3分)
講師:大村千秋
料金:1レッスン 8,500円 (1回50分の個人レッスン/スタジオ代込み)
日程:火曜または日曜/月に1回または2回)

初めてチェンバロに触れる方から経験者まで、チェンバロに興味のある方ならどなたでも受講いただけます。ピアノやオルガンとは違う楽器の特性や当時のフレージングなどを学び、チェンバロ独自の表現世界にアプローチしていきます。また、レッスンでは響きやタッチなどの感覚を磨くためにクラヴィコードに触れる時間も設けたいと考えています。また、ご希望があれば通奏低音のレッスンにも対応いたします。

1月の開講に向けて、以下の通り体験レッスンを開催します。受講を希望される方はなるべくご参加ください。お申し込みの際には、可能な時間を多めにお書きいただければ幸いです。他の方と時間を調整した後、あらためてご連絡いたします。下記日程でご都合が合わない場合はお気軽にご相談ください。

◆体験レッスン日程
11月22日(火)11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/19:00/20:00
11月27日(日)11:00/12:00/13:00/14:00/15:00

◆料金
8,500円/50分(スタジオ代込み)

◆お申し込み
1)お名前 2)電話番号(携帯) 3)メールアドレス 4)音楽歴 5)体験レッスンの希望日時
をメールまたはFAXでお送りください。
メール:belugaorgan@mbr.nifty.com
FAX:045−662−5536(うまく送れない場合は、この番号にお電話ください)

◆お持ちになる曲について
レッスンでは、チェンバロの弦をはじく感覚=指先のタッチ、響きを聴く耳を開くことを大切にしたいので、あまり複雑でない曲(初見で問題なく弾ける程度のもの)をお持ちになることをおすすめします。特に最初のレッスンには、J. S. バッハの《アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳》または《インヴェンション》、F. クープランの《クラヴサン奏法》などシンプルな作品をご用意ください。

※講師プロフィール
大村千秋(おおむらちあき
お茶の水女子大学大学院(ピアノ科)を経て東京藝術大学大学院古楽科チェンバロ専攻修了。藝大修了時にアカンサス音楽賞を受賞。2009年度文化庁新進芸術家海外研修員としてオランダに留学、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびフォルテピアノ科にて学ぶ。第21回古楽コンクール山梨において最高位受賞。これまでに志村直子、崎川晶子、大塚直哉、ボブ・ファン・アスペレン、リチャード・エガーの諸氏に師事。
2011年に帰国後は、チェンバロのみならず、フォルテピアノ、クラヴィコード、ポジティフオルガン等様々な鍵盤楽器に取り組み、ソリストとして、また通奏低音・アンサンブル奏者として国内外で演奏を行うほか、CD録音や音楽祭、レクチャーコンサートなど多方面で精力的に活動を行っている。古楽アンサンブルAffetti mvsicaliメンバー。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。https://chiakiomura.wordpress.com





posted by beata at 11:37| 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする