2016年05月26日

フェリス女学院大学 特別音楽講習会オルガンレッスン @バッハの森/フェリスホール

フェリス女学院の受験生のための特別音楽講習会が開催されるそうです。「中学生から社会人の方まで、将来フェリスで学んで下さることを少しでも視野に入れて下されば受講していただけます」とのこと。会場はつくば市の「バッハの森」と横浜山手キャンパスのフェリスホールで、どちらも魅力あるパイプオルガン(バッハの森=アーレント19個ストップ/フェリスホール=テイラー&ブーディー 44個ストップ)を使ってのレッスンです。大学でオルガンの勉強をすることを検討されている方、この機会に受講してみてはいかがでしょうか。

2016年度 フェリス女学院大学音楽学部演奏学科
特別音楽講習会 オルガンレッスン

6月12日(日)つくば市 バッハの森 記念奏楽堂 (申込6/1〆切)
7月9日(土)横浜 フェリス女学院大学 フェリスホール (申込6/29〆切)


対象:オルガン等、鍵盤楽器の学習経験を持つ中学生以上の女子。パイプオルガン初体験の方、3年次編入希望者も歓迎。

講師:宮本とも子(同学音楽学部教授)

受講料:5000円(45分個人レッスン)

問合せ:フェリス女学院大学 入試課 045-812-9183





posted by beata at 13:12| 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

6月4日 富田牧子チェロコンサート with コスマス・カピッツァ @丸木美術館

「原爆の図」で知られる丸木位里・俊夫妻の美術館で富田牧子のコンサートが開催されます。
広島出身の日本画家・丸木位里(1901-1995)は原爆投下の3日後、「新型爆弾」が何であるかも知らぬまま、両親や親族の安否を確かめるべく帰郷。数日後、妻で洋画家の丸木俊(1912-2000)も広島へ赴き、ともに救援活動をしたそうです。その時に目撃した広島の惨状を夫婦共作で発表したのが1950年、二人は以後30年に渡って原爆の図を描き続けました。
東松山の丸木美術館は「原爆の図」を常設展示するために二人の住居の隣に建てられ、夫妻が亡くなった今も「原爆の図」のほか、位里の母である丸木スマの作品(スマさんの絵がまた素晴らしいです!)などを展示しています。
丸木美術館に興味はあっても行く機会のなかった方、コンサートにかこつけて東松山までいらっしゃいませんか? 「原爆の図」の展示室で演奏されるのは、J.S.バッハとハンガリーの音楽家たち ― コダーイ、バルトーク、リゲティの音楽。詳細は富田牧子さんのブログでどうぞ。

原爆の図 丸木美術館 
富田牧子チェロコンサート with コスマス・カピッツァ(パーカッション)

6月4日(土)14:00 @東松山 原爆の図 丸木美術館 (埼玉県東松山市下唐子1401)

<プログラム>
J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調
Z.コダーイ/無伴奏チェロソナタより 第1楽章
G.リゲティ/無伴奏チェロソナタ
B.バルトーク/ルーマニア民族舞曲・・・・・・ほか

全席自由 1000円(高校生以下無料/入館料別途)

予約/問合せ:丸木美術館 TEL 0493-22-3266 FAX 0493-24-8371 





posted by beata at 19:07| コンサートのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする